非常用進入口の設置基準

非常用進入口の設置基準・開口部の寸法・設置範囲の解説

 非常用進入口の設置基準規定は消防法、建築基準法により対象となる建築物に関し一定の広さが確保された開口部を設けることが義務付けられておる。

 ここでは消防用の非常用進入口の設置規定、開口部の寸法・サイズの基準、設置範囲など非常用進入口に関する法的規定をチェックしていくとしよう。

 非常用進入口は火災などが発生した際に外部から消防隊員が容易に侵入できることを目的として設けられる開口部であるため円滑に消火活動が行えるように配慮された設置基準が定められておるのじゃよ。

非常用進入口とは?

 非常用進入口とは、その名前の通り火災や地震等によって災害が発生した際に消防救助活動を円滑に行うことが出来るように設けられる進入口のこと。原則道路など通行が可能な外壁面に面する位置に非常用進入口を設置することが義務付けられている。

1.赤色灯と▽マークが目印
2.非常用進入口の設置位置と設置義務

(さらに…)

FIX窓や網入り耐火強化ガラスを使用しても検査に通る?

 3階建て戸建て住宅の建築の設計を行う場面。道路面に面する居室部分の3階の壁面に非常用進入口を設置する。この際、3階と言えども防犯上の不安が残る為、窓はFIX窓を使用。防火対策も兼ねて筋入りガラスのFIX窓とした。
 FIX窓は非常用進入口として適さないと言われるが非常用進入口としての認定が降りるだろうか?

1.防犯に関わる相反する問題点
2.網入り強化ガラスでガラス厚が6mm以上の場合
3.バルコニーのサイズ・寸法規定

(さらに…)

非常用進入口を設けなくても良い3つのケースとは?

 31M以下の部分~3階以上の階層に関しては原則として上記表の構造規定を満たした非常用進入口を設置することが義務付けられている。
 では、この規定は特に人が頻繁に出入りすることもなく火災も発生しにくい不燃物などを保管している物置程度にしか使用していないようなフロアでも設置が必要なのだろうか?

1.燃えにくい材質でできているフロア
2.設置義務が免除されるケースは3つ

(さらに…)

非常用進入口の構造規定5つのポイント

 非常用進入口として設置される開口部の構造は建築基準法で明確に定められている。
 ここでは一目でチェックできる一覧表にまとめてみた。

1.開口部の構造のポイントは5つ
2.非常用進入口の構造に関する規定

(さらに…)