無窓階判定の定義

消防法・建築基準法に基づく無窓階判定の定義、開口部の有無、無窓居室の定義の解説。

◆無窓階の場合に設置基準が厳しくなる消防用設備の一覧

【無窓階の消防用設備の設置基準】
 消防法では、建築物の各フロアーや、対象建築物の条件などによって
●消防用設備の設置基準
 に関しても基準が設けられておる。

 消防法の定義として無窓階として判定された階に関しては、これら消防用の設置基準に対しても基準が厳しくなる点がポイントとなってくるのぉ。

 消防用設備の設置基準では、必要とされない消防用設備に関しても、無窓階であることから
●設置義務が生じる消防用設備
 もあるので注意が必要なのじゃ。

◆無窓階として判定された階層の消防用設備

 以下に無窓階として判定された階層において設置基準が強化される主な消防用設備を記載しておくので以下の設備を設置する可能性がある場合は必ずチェックしておくことじゃ。

【無窓階の場合に設置基準が厳しくなる消防用設備の一覧】
●消火器・消火器具
●屋内消火栓設備
●スプリンクラー設備
●排煙設備
●自動火災報知設備
●避難器具
●誘導灯
●非常警報設備

◆MENU一覧