避難器具の設置基準・種類の解説

消防法に基づく避難はしご、避難ロープなど各種避難器具の設置基準の解説。

◆避難器具の設置基準・消防法令認定の避難器具は8種類

【避難器具の種類について】

 消防法令によって避難器具として認定されている避難器具は全部で8種類となっておる。

 避難器具には、常時使用できる状態で設置されている避難器具と、火災・災害の発生時に使用できる状態にしてから使用する避難器具がある。

 尚、消防法令で認定されている避難器具は以下の8つじゃ。

【消防法令25条の避難器具8種】
☆避難はしご
☆避難ロープ
☆避難用タラップ
☆滑り棒(すべりぼう)
☆滑り台
☆緩降機
☆避難橋
☆救助袋

◆MENU一覧